ファッション・アパレル法務

  • ブランド品の並行輸入

並行輸入とは?正規輸入品との違い・法的注意点を弁護士がわかりやすく解説

2023-12-28T17:52:22+09:002023年12月25日|Categories: ファッション・アパレル法務|

海外ブランド品などを商品として取り扱いたい場合、中古品を取り扱うほか、並行輸入を行う方法もあります。では、並行輸入とはどのような取引形態を指すのでしょうか?また、並行輸入品の取り扱いに、法律上のリスクはないのでしょうか?

  • 並行輸入品の取り扱いは商標権侵害となる?

並行輸入品の取り扱いは商標権侵害となる?弁護士がわかりやすく解説

2023-12-28T17:52:36+09:002023年12月20日|Categories: ファッション・アパレル法務|

並行輸入品を取り扱いたいものの、これが商標権侵害とならないか確信が持てず不安に感じることもあるでしょう。並行輸入品の販売は商標権侵害となるのでしょうか?また、並行輸入品の取り扱いで商標権侵害とならないためには、どのような要件をクリアする必要があるでしょうか?

  • 並行輸入は違法

並行輸入は違法?違法にならない要件・対策を弁護士がわかりやすく解説

2023-12-28T17:52:41+09:002023年12月15日|Categories: ファッション・アパレル法務|

ブランド品などを並行輸入して販売しようとする場合、違法であるかどうか確認しておきたいことでしょう。並行輸入は違法なのでしょうか?また、並行輸入が違法とならないためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか?

  • ブランド品の並行輸入

ブランド品の並行輸入とは?並行輸入品を取り扱うメリット・デメリットを弁護士が解説

2023-12-28T17:52:58+09:002023年12月10日|Categories: ファッション・アパレル法務|

海外ブランド品の並行輸入について興味があるものの、わからないことが多く不安に感じる人もいることでしょう。そもそも海外ブランド品の並行輸入とは、どのようなものを指すのでしょうか?また、海外ブランド品の並行輸入品を取り扱うことには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

  • アパレルにおけるOEM契約

アパレルにおけるOEM契約の注意点は?弁護士がわかりやすく解説

2023-11-28T12:40:17+09:002023年10月20日|Categories: ファッション・アパレル法務|

アパレル産業においては、OEM契約が頻繁に活用されています。アパレル企業がOEMを活用することには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?また、OEM契約を締結する際の契約書では、どのような点に注意すればよいでしょうか?

  • 著作権によるファッションデザインの保護

著作権によるファッションデザインの保護について弁護士が解説

2023-11-28T12:40:22+09:002023年10月19日|Categories: ファッション・アパレル法務|

ファッションデザインには独創的なものもあり、これについて法的な保護を受けたいと考えることも多いでしょう。では、ファッションデザインは著作権の保護対象となり得るのでしょうか?また、著作権の保護を受けるにはどのような要件を満たす必要があるでしょうか?

  • 商標権によるファッションデザイン

商標権によるファッションデザインの保護について弁護士が解説

2023-11-28T12:40:27+09:002023年10月18日|Categories: ファッション・アパレル法務|

アパレル企業は、自社のブランド名について商標登録を受けることをおすすめします。 では、アパレル企業がブランド名を商標登録することには、どのような効果があるのでしょうか?また、商標登録は、どのような手順で進めればよいのでしょうか?

  • 意匠権によるファッションデザインの保護

意匠権によるファッションデザインの保護について弁護士が解説

2023-11-28T12:40:31+09:002023年10月17日|Categories: ファッション・アパレル法務|

人気のファッションデザインを生み出すことは容易ではなく、1つのデザインを生み出すために多くのコストや労力、年月を要することも多いでしょう。しかし、いざそのデザインに人気が出ると、模倣品が製造販売されることは少なくないのが現状です。

  • 不正競争防止法によるファッションデザインの保護

不正競争防止法によるファッションデザインの保護を弁護士が解説

2023-11-28T12:40:37+09:002023年10月16日|Categories: ファッション・アパレル法務|

ファッションデザインの保護に活用できる法律の1つに、不正競争防止法が挙げられます。では、どのような行為が不正競争防止法違反にあたるのでしょうか?また、不正競争防止法に違反してファッションデザインを模倣された場合、相手方にどのような措置を講じることができるのでしょうか?

  • ファッションデザインの保護

ファッションデザインの保護とは?弁護士がわかりやすく解説

2023-11-28T12:40:43+09:002023年10月13日|Categories: ファッション・アパレル法務|

魅力的なファッションデザインを生み出すためにはセンスやコスト、労力、知識など莫大な投資が必要です。しかし、よいファッションデザインが世に出るとこれを模倣され、少ないコストで量産されることがあります。

Go to Top