伊藤 海

アバター画像

著者:伊藤 海

1985年、東京生まれ。東京弁護士会所属。 得意分野: 企業法務、カルチャー・エンターテインメント法務、テクノロジー法務、ベンチャー・スタートアップ支援、知的財産権法
  • パロディは商標権侵害

パロディは商標権侵害となり得る?弁護士がわかりやすく解説

2024-03-27T12:26:49+09:002024年3月21日|Categories: 知的財産権|

パロディは、日常会話ではいわゆる「パクり」や模倣と区別されることが多いようです。そして「パクり」や模倣はよくないことである一方で、パロディであれば許されるというイメージを持っている人も少なくないのではないでしょうか?では、法律の視点から見たときに、本当にパロディであれば許されるのでしょうか?また、パロディが実際に商標権侵害に問われた実例はあるのでしょうか?

  • アートのビジネスモデル

【2024】アートのビジネスモデルとは?注意点を弁護士がわかりやすく解説

2024-03-26T22:02:10+09:002024年3月16日|Categories: サブカル・エンタメ法務|

アート作品に関するビジネスモデルには、従来からあるもののほか、新たなビジネスモデルも誕生しています。 では、アート作品に関するビジネスモデルには、どのようなものがあるのでしょうか?また、アートに関するビジネスモデルを構築する際は、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。 今回は、NFTなどではなく古来の美術品(絵画など)を中心に、ビジネスモデル構築の注意点などを弁護士がくわしく解説します。 アート作品を活用した従来から存在する主なビジネスモデル はじめに、アート作品を活用した主なビジネスモデルのうち、従来から存在するものを紹介します。 購入したり借りたりしたアート作品を展示する 1つ目は、アート作品を展示して、そのアート作品を観覧しに来た顧客から入館料などの収入を得るビジネスモデルです。 このビジネスモデルを構築している代表例は、美術館です。常設展示のほか、一定期間だけ作品を展示することもあります。 自社で制作したアート作品を展示・販売する 2つ目は、作家や企業が制作したアート作品を販売することで、収入を得るビジネスモデルです。画廊やギャラリーを一定期間借りて展示会などを開き、作品の販売を目指すことが多いでしょう。

  • アート作品・美術品の著作権

アート作品・美術品の著作権について弁護士がわかりやすく解説

2024-03-26T21:50:25+09:002024年3月11日|Categories: 知的財産権|

写真や絵画などのアート作品には、「著作権」があると聞いたことがあるでしょう。しかし、著作権については誤解が多く、誤解によるトラブルも少なくありません。では、著作権とはどのような権利なのでしょうか?今回は、アート作品を中心に、著作権について弁護士がくわしく解説します。

  • 動画・映像制作の契約書

【2024】動画/映像制作の契約書作成時の注意点は?弁護士がわかりやすく解説

2024-03-26T21:49:41+09:002024年3月1日|Categories: 契約書|

動画でのマーケティング活動がより身近なものとなっています。近年では、自社のPR動画などを製作する企業も少なくありません。とはいえ、自社で動画制作を行うためには相当のリソースが必要となるため、動画制作は外注することが多いでしょう。しかし、動画制作の委託をめぐってトラブルに発展してしまうこともあります。では、トラブルを未然に防ぐため、動画制作の契約書ではどのような点に注意する必要があるのでしょうか?

  • オンラインサロンの「規約」作成のポイント

オンラインサロンの「規約」作成のポイントは?弁護士がわかりやすく解説

2024-02-21T21:17:34+09:002024年2月21日|Categories: 契約書|

オンラインサロンを運営する際は、規約の作成が必須といえます。では、オンラインサロンの規約の作成は、どのようなポイントを踏まえて行うとよいのでしょうか?今回は、オンラインサロンの規約作成について、弁護士が詳しく解説します。

  • オンラインサロンは「特定商取引法」の対象

オンラインサロンは「特定商取引法」の対象?遵守すべきポイントを弁護士が解説

2024-02-21T21:26:48+09:002024年2月17日|Categories: 企業法務全般|

特定商取引法の対象となる場合、特定商取引法上のルールを遵守する必要が生じます。オンラインサロンの運営は、特定商取引法の対象となるのでしょうか?また、特定商取引法の規制には、どのようなものがあるのでしょうか?今回は、オンラインサロンと特定商取引法について、弁護士が詳しく解説します。

  • オンラインサロンのビジネスモデル

【2024】オンラインサロンのビジネスモデルとは?弁護士がわかりやすく解説

2024-02-21T21:30:27+09:002024年2月13日|Categories: 企業法務全般|

オンラインサロンの立ち上げには、メリットが少なくありません。では、オンラインサロンを開設するには、どのようなメリットや注意点があるのでしょうか?また、オンラインサロンにはどのようなビジネスモデルがあるのでしょうか?今回は、オンラインサロンのビジネスモデルについて、弁護士が詳しく解説します。

  • 金融商品としての「カーボンクレジット」の性質

金融商品としての「カーボンクレジット」の性質とは?弁護士がわかりやすく解説

2024-02-22T00:19:02+09:002024年2月9日|Categories: ベンチャー・スタートアップ|

環境経営に取り組む企業が増加しており、カーボンクレジットに関心を持つ層が増えています。2023年10月に東京証券取引所にカーボンクレジット市場が開設されたことも、今後の取引市場の活性化につながるでしょう。カーボンクレジットの市場が期待されていることには、どのような背景があるのでしょうか?

  • カーボンクレジットのビジネスモデル

【2024】カーボンクレジットのビジネスモデルとは?弁護士がわかりやすく解説

2024-02-22T00:16:47+09:002024年2月5日|Categories: ベンチャー・スタートアップ|

環境経営への取り組みが重視されており、カーボンクレジットに取り組む企業も増加傾向です。カーボンクレジットのビジネスモデルは、どのようになっているのでしょうか?また、実際に企業が行ったカーボンクレジットに関する取り組みには、どのようなものがあるでしょうか?

  • アニメのビジネスモデル

アニメのビジネスモデルとは?3種類に分けて弁護士がわかりやすく解説

2024-02-03T00:13:07+09:002024年1月25日|Categories: サブカル・エンタメ法務|

アニメは日本文化の一つであり、アニメ制作などに携わりたいと考える人も多いことでしょう。では、アニメのビジネスモデルは、どのようになっているのでしょうか?今回は、アニメのビジネスモデルについて概要を紹介するとともに、著作権の概要についてエンターテインメント法務に強い弁護士が詳しく解説します。

Go to Top